Profile 

 

ウチボリシンペ / Uchibori Simpe

 

 

長野県生まれ。

グラフィックデザイナー・イラストレーター・アーティスト。

2013年に”mob creche”として独立。

独自のキャラクター「もぶ」を軸とした世界観構築のためにイラストレーションなどの製作をおこなう。

また、シンガーソングライター「コレサワ」の全てのアートワークも手がけている。 

 

 

Born in Nagano prefecture.

Graphic designer / illustrator / artist.

Independent as "mob creche" in 2013.

We produce illustrations to build a world view centered on the original character "Mob".

He also works on all the artwork for the singer-songwriter "Koresawa".

 

 

                                       

 

展示略歴

 

2013.5

1st solo exhibition「もぶ」

@GALLERY HOUSE MAYA

 

2013.9

Group exhibition 「Metta」企画・参加

@外苑前OFFICE

 

2014.2

2nd solo exhibition「渋谷にもぶきた」

@ARTON

 

2015.4

3rd solo exhibition「コミューンにもぶきた」

@commune

 

2015.9

4th solo exhibiton「FEWMANYにもぶきた」

@FEWMANY

 

2016.5

5th solo exhibition「大塚にもぶきた」

@anoano galerie

 

2016.5

group exhibition「虫の森」

@anoano galerie

 

2016.9

mini exhibition1「mob & line」

@FEWMANY

 

2017.1

aki miyajima × uchibori simpe「ゲンガバコ」

@ART GALLERY hitomaruichi

 

2017.3

6th solo exhibition「BUTTERFLY EFFECT」

@かもめブックス内Ondo

 

2017.9

mini exhibition2「évasion」

@FEWMANY

 

2018.3

mini exhibition3「mob girls」

@FEWMANY

 

2018.5

7th solo exhibition「mob creche」

@かもめブックス内Ondo 

 

2019.7

mini exhibition 4「missing link」

@FEWMANY

 

                                       

 

 

 

もぶ/mob

 

ウチボリシンペにより2006年頃より発見、2011年に命名。

由来は「設定のないもの」また、英訳すると「暴徒」と出る。

 

ウチボリはその研究の表現手法としてイラスト化を試みており、

常にその存在を追い続けている。

 

ある漫画では「もぶ」が見えたものには特殊な能力が発動したり、

その存在を認知しているもの同士は惹かれあうようである。

 

一人に対し約1もぶ(単位)という訳ではないが、

守護霊のようにその人物のあたりをうろついていることがある。

これは人間または動物に限らず、例えば木や電信柱、ゴミ箱、

有機物、無機物にとらわれず、「存在している」ものに憑依しているようである。

 

また、稀に集団性を持つことが確認されている。

人間の言葉を理解していて、中には言語を話すものもいる。

感情に敏感であり、嫌悪感を催すと体が濁ったように黒ずむことがある。

それ以降は現在確認中。

 

                                       

 

mob creche(もぶ 保育所)

オリジナルキャラクター「もぶ」を通して『自分とは何者か』を問い続けるウチボリシンペによるプロジェクト。

キャラクターとしての必要要素を欠いて生まれた、詳細設定を持たない感情生命体「もぶ」の存在証明をイラストレーション等を軸に表現し続けている。